忍者ブログ

ボンバードラミだっていいのだ

演奏活動とトレーニング活動。 あるいは日々の介護のこと。 気付いたこと 感じたこと やってみたら巧くいったこと 発見、試作、工夫、改良の日々を綴ります。

2017/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
このバイトを始めたおかげで演奏が変わりそうだなと感じている。
巧い下手でいえば下手になるだろう。
肉体労働で常に疲れている。
9時5時労働だから時間もない。
練習時間は確実に落ちる。
でも音楽に必要な重要な要素が体にぐんぐん入って来ていると感じる。
人の愚かしさや、脆さや、もどかしさ、弱さ、汚さ、優しさ、温かさ、許容、
色んな人の側面、断面が見えてきた。
そして一つの映画を思い出した。
囚人ゲームを題材にしたドイツの映画ESです。
人は与えられた役割に向かって変化して行ってしまうという事。
今いる病院に3日泊まって、彼らが飲んでいる薬を飲んで
患者のように扱われれば私も立派な患者になれるという事。
看護している側もされている側もそれぞれの立場に基づいて行動しているという事。
看護する側はされる側より以上にその状況に無意識に左右されてしまっているという事。
囚人ゲームは人間の本質をむき出しにした面白い映画だった。

音楽の現場でもそれは同じ。
私が思う演奏者は音楽に従事しているもので
聴き手は見届ける役割の人。
だからこれからも音を純粋に聴く行為
それが人の心の有り様にどう
影響を及ぼしているのかを見極める努力を怠れない。
いつも音の分析が不十分だと思っていたが
それ以上に人の心との接点に無関心である事が
音楽に悪影響であると強く感じる今日この頃。
なんだか面白いことが浮かびそうな予感に満ちています。

人は壊れやすい。
だから愛おしい。
そんな当たり前の事が
音楽に音楽的に反映出来たら
結構ゴ〜ル!!!な気がする。

3/22@三軒茶屋OBSOUNDS
宮前幸弘pf
橋本学ds
ボンバードラミVO
guest DJ TA2RO

拍手[3回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
ボンバードラミ
性別:
女性
職業:
音楽屋
趣味:
着物 乗馬
自己紹介:
vocal,songwriter
発音指導
ボイストレーナー
乗馬と音楽を使って体と脳の不思議にドタバタと挑む 共通点を見つけては狂喜し 落馬しては骨折し一筋縄ではいかない 七顛八起人生を綴る

next coming up

■9/22(fri)
start 20:00~ ¥1500+drink
池袋flatfive
出演 : )
ボンバードラミvopf
土屋秀樹gt
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ページ

thanx so much for visiting!!!please share!


<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ボンバードラミだっていいのだ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]