忍者ブログ

ボンバードラミだっていいのだ

演奏活動とトレーニング活動。 あるいは日々の介護のこと。 気付いたこと 感じたこと やってみたら巧くいったこと 発見、試作、工夫、改良の日々を綴ります。

2018/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
寝落ちしたー。
昔働いてた六本木のジャズクラブの夢を見た。
何店舗か働いたけど、どこも今は潰れて無くなってしまった。団塊の世代が退職し、単価1万を超える夜店で、姉ちゃんがお酌してくれるわけでもないジャズの生演奏の店はことごとく無くなっていった。
そんな六本木の今はどうなっているのか
夢の中では凄い事になっていた。
ロアビルがお化けみたいに巨大化してて
その中に演奏できる店があって
(夢だからそういう設定)
靴を脱ぎ捨てて帰った私が(なぜ;^_^A?夢だから)翌日、取りに行くと 店は形を変えており
もっと化け物のように大きくて
怪しい奴がウゴウゴしてる。
そんな中、店主がすごい形相で追いかけてきて
靴は入り口にバラバラに置きっぱなしになっていて、何故か靴を履き替えて、夢って訳がわからないーっ、けど凄い殺そうとしてるよこの店主!
逃げて逃げてわーっ!
ってなったところで目が覚めた。
猫が足元で、ん?、て顔してた。
ホッとしたーっ(T . T)



昼間、生徒さんにかつては日本のジャズば六本木ピットイン系と新宿ピットイン系と大まかに分けて2通りに分かれとった、みたいな話をしたからだろうな。
今はどうかわからないけど
あの頃とは何かが違う気がする。
時代が違うのかもしれない。
私は結果どっち系にも所属せず、
強いて言えば険しい系にいったらしい
酒とタバコを絶ったと言えば聞こえが良いが
それは仲間やお客や友人知人との付き合い、つまり、人間をも結果絶つ事になって、
音楽とだけ向き合う、
と言えば聞こえが良すぎるが
それは、所属を失い、
孤独を楽しめということでもあり、
そして自分にそんな覚悟があったっけ?
と思うと、覚悟を決めて行った道だ!
と言い切れる自信は全くなく、
山道を歩いてたら道を間違えたような気分だ。
かと言って引き返すには遅すぎるということもわかる。
合流ポイントは今はもう消失している。
村上春樹の小説みたいじゃないか!
井戸を見つけて降りて行かなくては!
1つ救いだったのは
漂流者みたいのは運が良いと喧騒の中
肩がドンとぶつかるように出くわすことがあり
その時は必ず相手を大切にしておきたい
会える確率は極めて低いのだから。

ボンバープレゼンツ
チョキチョキーズ第5弾、短冊アート制作の日
12/1@川崎factory
w越智泰彦eb本渡正博美容家ノリエモン芸術家

ボンバープレゼンツ
漂流者は鳥になる。
1/13渋谷公園通りクラシックス
w越智泰彦eb 増根哲也cb

11/17成田cloud9/千葉
高松大樹pfトリオ

12/19@池袋flatfive
土屋秀樹gt 対話

12/31@池袋independence
北條達子flカルテット 年越しライブ

拍手[0回]

PR
感情によって創造性が支えられているのかどうかは人それぞれなのだろうが

私にとって1番のガソリンは

怒りだ

様々な仮想敵にこれまで
リベンジしてきた
敵を倒すたびにステージが1つ上がり
パワーがたまって行く

楽しいし、美しいものを見ると
ついつい生まれ出てくるとか
言ってる人たちを懐疑心猜疑心の塊の眼差しで見ている。

ただしその懐疑的な怒り溢れる眼差しを文化的に押さえ込み、漏れてくる喘ぎ声のような音が音楽的創作なので
ただ怒ってます!体制に対して!
とか誰それに対して!
ということには意味が無い。

あくまでもガソリンなのであって
車の中にいる自分は笑っていたい
ゆえに創作はユーモアに包まれた精神状態でするのもだと思っている。

ガソリンがないと走れないから止まってしまう。だけどユーモアがないと実際の作品は生まれない。

両方あってこそ生まれ続けてくれる。

だから常に何かに怒ってる
常に笑えることを探している

今怒ってることは
snsでうざすぎるコメントを乗せてくるハラスメントオヤジ
上からで失礼で何ならユーモアたっぷりと勘違いしている
相変わらず止まりそうな音楽
自分は考えないで演奏して
、いや、考えてるつもりで演奏して
楽しいとかいってる奴
ギャラを払わないでおいて
集客に文句を言ってくる店主


ガソリンドッサリ



美しく楽しく可笑しく紡ぎ直すのに
一山ふた山超えなくてはならない。

ガソリンないと超えられない。

だから

今日もたくさんガソリンをくれてありがとう。

1つ1つ現実的にリベンジしながら曲へと落とし込む作業に使わせてもらう。

明日も怒りを持って進めそうだ。


今1番笑えるのは

アメリカのスタンドアップコメディアンティファニーハデッシュと
南アフリカ出身のコメディアントレバーノア。
ゲラゲラ笑ってしまう
文字通り

それに
ユーチューバーさんたち。

テレビはあまり見なくなった

ユーチューバーさんたちに比べて不自由すぎるからなのか

コンプライアンスさえ逆手にとって
新しいユーチューブを生み出す手法が
ワクワクするのかもしれない

テレビでいうならディレクターとアシスタントディレクターが作ってるようなもので、

意図が伝わりやすいのかもしれない

その分表現のプロを必要としなくなってる

アナウンサーもお笑いの技術に長けた話し手もいらない。
意図以上のものが出る可能性は低いのかもしれない
しかしお金のかかるプロを使うより
手っ取り早く言いたいことが伝わる
ユーチューバー方式は
確実に浸透している。

いいか悪いかではなく
事実として

itunesで音楽が安価で聴けるのが当たり前な世の中。

全く同じことなのだろう。

テレビがどう抗い続けるのかは
私としては注視していきたい

拍手[0回]

ニューアルバムがあります。
よろしくお願いします
って言ったら
なんか飲む?
と言ってはぐらかされた
聞こえてなかったのかと思って
もう一回言ったら
今度、
と言われた
それは買わないということやな。

ミュージシャンに酒を大量におごるカネはあるのに
アルバムは買ってくれないと。

演奏は良かった、痺れた、感動したとか
色々言うから、
それならアルバムを是非どうぞというと
買わないという。

つまり、

本当に感動したわけでも、
しびれたわけでもなく
アルバムを買うまでもないと思っているということだ

人の口による評価は意味が無いことが証明された。

いま、お世辞を言いましたと、
ゲロってくれたわけだ

評価はいらないからカネおくれ
同情するならカネおくれ
なのだ。
本当の賞賛はカネでしか表せないということだ

それに、
賛辞どころか
歌が出たがりだから困っただろうと、伴奏のミュージシャンに言っていたのが漏れ聞こえてんだよ

あのな、こっちは
仕事で仕方なくやってんだよ!
と、言ってやりたかったが

私も人の演奏を見に行くと
とりあえずお世辞笑いを浮かべながら
素晴らしかったです、、、
としか言わないから
気持ちが全くわからないわけではない。

だからこそ極力そういうことを言わなければいけないような場にはいかないようにしている。

どうしようもなく行った後は
結構落ち込むことになる

現行犯みたいに、その場で
感動したって言ったけど
買わないってことは
嘘なんだね
と、言えればなぁ

その場で解決できる反射神経が無いことにも、後でこうしてまとめてから毒をどっちゃり吐くことになる事にも
落ち込むんだよなぁ

まず、思っても無いことを言うなよ
と言いたい。
それと、お世辞は責任取れる範囲で言ってね。

まぁ、これでひとつはっきりしたことがある。
これから何か賛辞をもらったら
アルバム買うて!
といえばそれがお世辞か本気かわかるということだ。

今までは、賛辞的な言葉は
ハイハイと思って流してたけど
これからは
お世辞言うたら売りつけられるということを覚悟の上で
いうてな。

それに、なんでアルバム作るんですか?の答えも出た気がする。

嘘発見器。

拍手[0回]



新しいアルバムが船出します
今回の子はどこまで航海してくれることでしょう。

沢山の仲間に協力してもらいました。
この場を借りてありがとう。

越智泰彦ebさんとはかれこれ14年目?
長〜いお付き合いです。
その間、影のミュージカルマスターとして、ボンバーサウンドに影響を与え続けてくれてます。

一枚目にはないけど2枚目にサウンドを入れてくれたギター土屋秀樹さん。
なんか面白いことしよーよー♪
といつもニコニコしながら
不思議サウンドを出してくれます

録音以降の工程すべてを今回は
エンジニア増根哲也氏に頼みました。
完璧な仕上がりです。
生々しくて繊細で美しい。

川崎ファクトリーとノリエモン
ジャケット作りはいつもここ
しかも賄い付きT^T
今回は絵描きのノリエモンさんのデザインにより、ボンバー画伯の絵に様々なマジックをかけてもらいました。
しかも発注先のミスによりジャケットが200枚ではなく500枚届くという;^_^A

必然的に頑張らざるを得ない環境になってきました。

そんなわけで各地を回って即席販売できたらいいなと思ってます。

ライブ会場ですと¥1000
それ以外の場所ですと¥3000というぼったくり設定なので、是非会場で!
発売記念ライブ当日はなんと只!
2枚目以降は¥1000とさせてもらいます。
そんな時価価格変動相場制を導入!

9/18tue@吉祥寺mandala2
アルバム発売記念ライブ
越智泰彦eb土屋秀樹gtたべいやすがずんgt
¥2200
この日はアルバムが付いてきます!
19:30より。

12/1@川崎factory
ちょきちょき〜ず第5弾
投げ銭 一品持ち寄り宴付き
希望者ヘアカット付き
19時から
越智泰彦eb 本渡正博美容師

拍手[0回]

アルバムを作りました。

アルバムは、
旅行先で撮る写真に似てます。
とりあえず自分こんな感じなぅ。
的な。
それはとても個人的な記録であり、
現状の自分を露呈するものになります。
勉強したことは出るし、
してないことは出ないという形で出ます。
無限にある可能性の中から
何を選択し、あるいは選択しなかったのか、その判別っぷり、
全てが顕在化してしまいます。
その時点の自分を音的に瞬間保存したものがアルバムです。
だから、録音環境が悪かったり、
間違えたり、声がガラガラだったり、
どんな事象も一旦そこに留め置かれることになります。
小っ恥ずかしい事なのです。

アルバムを発売し、
発売記念ライブなどを執り行うなどというマゾ的な行為は、
小っ恥ずかしい作業を
たくさんの皆さんに支えられながら
形にして、
皆さんと共有する事で、
何とかして、少しでも薄めようとする行為なのではないかと思います。

そんな私の個人的な小っ恥ずかしさを薄めるために、わざわざ遠方より足を運んでくださる皆様と、
そんなアホの自慰行為に付き合うほど暇ではない!勝手にやってろ!
という皆さんの、気持ちはごもっともなのですが、ごもっともなだけに、
逆に異常とも言える、
わざわざ足を運んでくださる皆様に、
初出しのこの子を(まだアルバム名が決まらない)同じ料金で買ってもらっていいのか?という気持ちがあります。

大型レコード店やダウンロードなどではなく、手売りなわけだから、
そこはやはり、
時価方式をとらせてもらおうとおもいます。
9/18@吉祥寺mandala2発売記念ライブにお越しの皆さんにはアルバムが自動的に付いてくる、という方式です。

次に予定している10/12@池袋flatfiveでは¥1000に。
その次の川崎のライブもまだ日程など未定ですが¥1000に。

以後どこかのライブハウスで購入いただく時は¥2000。

定価は¥3000とさせていただき、
ライブと関係ないところで購入される場合の料金とさせていただきます。
郵送も受け付けてます。

因みに気持ちとしては、
定価は¥50000でもいいくらいです。
アルバムの定価は¥3000くらいって誰が決めたんでしょうね?
ミュージシャンたちに、あるいは周りの協力者たちに、払いきれていないギャラを考えると5万でも安いくらいだと感じます。

こういうと、
ライブに行かないのはまるで悪い奴
みたいに思われるかもしれないですが
それは逆です。
行かないのが当然。
きてくれる事が奇跡。
だからこそ小さな奇跡を抱え
やって来てくれる奇跡の人は労われるべきなのです。
アルバムは定額であるべきだというのはそれまでの定説が生み出した誤解で、私は時価が正解なんじゃないかと思うのです。
だから、アラブの石油王がやって来て、
「君を助けたいから、是非一枚貰おう。」
と、言われたら、
「1億円ですっ!」
と申し上げようと思ってます。
求むアラブの石油王!

拍手[0回]

9/18@吉祥寺mandala2
越智泰彦eb土屋秀樹gtたべいやすがずんgt



9/25@池袋independence
北條達子fl岩谷耕資郎gt西川てるまさcb

10/12@池袋flatfive
土屋秀樹gt

11/17@成田cloud9
高松大樹pf 伊藤平吾cb志鎌好美ds

12/31@池袋independence
北條達子fl楠直孝pf 工藤精cb佐藤ことみds

拍手[0回]

9/18@吉祥寺mandala2
越智泰彦eb土屋秀樹gtたべいやすがずんgt

9/25@池袋independence
北條達子fl岩谷耕資郎gt西川てるまさcb

10/12@池袋flatfive
土屋秀樹gt

11/17@成田cloud9
高松大樹pf

12/31@池袋independence
北條達子fl
楠直孝pf
工藤精cb
佐藤ことみds

拍手[0回]

アルバム記念ライブ。
@吉祥寺mandala2
越智泰彦eb
ゲスト土屋秀樹gt

タイバン
たべいやすがずんgt

拍手[0回]

録音してます。
今回はリハ録音を繰り返し
その中で良いテイクを採用する形をとりました。
前に作ったにれの木は完全に自主録音で
何十回撮り直しても納得がいかず
そりゃそうだ自分で納得がいったらもう終わりやん
と気づき
今回はおっけいテイクも人に任せる方式をとることにしました
自分では細かいミスがいちいち気になっておっけいにならないのです。

で、

最強の選別人増根哲也cbにお願いし
おっけいテイクの選別とマスタリングなど
全てを丸投げにしてしまいました。

そして
互いにスケジュールなどから
6月16に全貌を発表するのはいかにも無理!
とわかってきたので

いっそ
6月16は公開録音とさせてもらうことにしました。

せっかくなのでみなさんのお力も借りて
コーラスなども録音しようと思います。
簡単なコーラスになる予定。

数が大事なので
どうぞ奮ってご参加ください。


ぼ。

拍手[1回]

プロフィール

HN:
ボンバードラミ
性別:
女性
職業:
音楽屋
趣味:
着物 乗馬
自己紹介:
vocal,songwriter
発音指導
ボイストレーナー
乗馬と音楽を使って体と脳の不思議にドタバタと挑む 共通点を見つけては狂喜し 落馬しては骨折し一筋縄ではいかない 七顛八起人生を綴る

next coming up

■9/18(tue)
start 19:30~ ¥2200+drink
吉祥寺manda-la2
出演 : )
ボンバードラミvopf
越智泰彦eb
たべいやすかずんgt
土屋秀樹gt
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ページ

thanx so much for visiting!!!please share!


| HOME Next >>
Copyright ©  -- ボンバードラミだっていいのだ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]